【番外編】食材を調達に沖へ!釣りですよ~。

August 4, 2017

一足早く、夏休み気分のオトソトメンバ―です。

なんか夏休みらしいことしよう!ということで、釣りに行くことにしました。

(え?キャンプは夏休みらしいんじゃないのか?ツッコミは私たちには当てはまりません)

 

オトソトメンバーのOくんやキャッシ―も誘ったのですが、日程合わずで、今回も、うしさんとたぬたぬさんで、目的地、粟島へGO!

 

 

海釣りは、たぬたぬは通算4回目でして(うしさんは3回目)、My竿などはありませんが、釣りが大好きです。過去に房総、伊豆などでも海釣りしました。季節やその地域によって釣れる魚が違うのもなんともオツです。

 

実は、粟島は2度目。数年前、一緒に行ったメンバーも、アイナメや鯵、イシダイとかいろんな種類の魚が釣れたので、行けば釣れる島という印象なんです。

 磐越道をひたすら西に走らせ、新潟中央JCTから北上し、村上市の入り口くらいに港があります。粟島フェリーで約1時間50分(普通船)。クーラーボックスを持った乗客で船内はまずまずの混み具合でした。船内はクーラーが効きすぎるので外へ。海風が心地良いです。

 

今回は、西海岸・釜谷地区へ。

 

 

 こちらは釜谷キャンプ場。岩場ですが、平らで大きな石があり、浅瀬で磯遊びが楽しい。

 

ヤドカリやカニ、小魚もいます。やさしい世界です。

 

そして、この釜谷キャンプ場、海岸がそのままキャンプサイトなのですが、サイトエリアの仕切りも表示もなく、トイレと水場があるだけです。至ってシンプル。

 

 

水場もパイプが組まれただけで、蛇口がありません。掛け流し状態です。

水は山の湧き水らしく、とても冷たくて美味しい!

 

釜谷キャンプ場は西側なので、サンセットが楽しめます。それを目当てか、テントを張っているグループが2組ありました。

 

こういう手つかずのキャンプ場の方が、むしろいいですね。岩を組んでかまどにしたり、湧き水で調理をしたり、波音のBGMを聴きながら日没を眺める・・・etc.

 

自然の恵みに触れ、贅沢だな~と感じる瞬間です。

 

環境が整い過ぎているよりは、自然にあるもので創意工夫をするのがアウトドアの楽しみと個人的には思います。

 

さて、今回は釣りがメインなので、キャンプはせず、磯遊び程度で終了し、釣り宿へ滞在です。

釜谷港は小さな漁港ですが、雰囲気があります。

 余談ですが、かもめ食堂という食堂が近くにあり、ここのラーメンが結構美味しいとか。

ランチにうしさんが岩のりラーメンを食べてきたとこのこと。

 

たぬたぬは、途中で立ち寄った道の駅で買ったせんべいをフェリーで食べ過ぎて、食せず。

話によると、要予約の2000円する海の幸ラーメン(だったかな)があるらしいです。

他にも、粟島ラーメン(1000円・予約不要)もあるとか。次回は食べよ。

 

そんなこんなで、就寝。明日は4時には出港です。

 

 

まだ夜が明けぬ間に出港です。

沖へ船を進めます。

 

かもめが飛んでます。なんか絵になりますね。

 

徐々に日が昇ってきました。さあ、釣り開始!

 

 今回は疑似餌(ルアー)です。ルアーは初なので、どんな感じかなーと思っていましたが、エサをいちいち付けなくていいので楽です。そんでもって手が臭くならない。

 

しかし、なかなかあたりが来ない。魚が食いつくと「ビクン」と手に感触が走るのでわかります。

これがたまらなく面白いのですが、ウンともスンともない。

 

船頭さんも何度も魚群探知機を見ながらポイントを変えてくるのですが、全く釣れません。

船頭さんも一緒にやってみましたが、これまた釣れず。

 

お目当ては鯛なんですが、実は8月は年間で最も釣れない時期らしいです。5月~6月がベストシーズンとか。それでも数日前に、番頭さんがかなりの大物を釣ったらしいので、腕が良ければ釣れるのかな・・・。

 

船頭さん曰く、「釣りは運だね」と。さあ、果たしてオトソトメンバーの成果は?

 

 

 釣れた―!

 

後半の1時間位でなんとかヒット。良かった~。

 

お目当ての鯛ではないですが、キジハタが3匹。たぬたぬが2匹、船頭さん1匹。(うしさんは・・・・坊主でした)

 

前回も、たぬたぬはキジハタを2匹釣っていまして、36cm位のなかなかのサイズだったのですが、今回は小ぶりです。リールを引き上げている間に逃げられたのもあり、もうちょっと釣れた感があり、悔しいー! 

 

船頭さんは、鯛を釣られせてあげたいと、港に戻る際、船から長い糸を船から垂らし、帰る道すがらトライしてくれました。(何漁といったか忘れてしまった)

 

結果は何もかかっていませんでしたが、まあ、キジハタ3匹つれたので良かったです。

船頭さんは「鯛、釣れなくてごめんなさい」と。なんていい人なんでしょう。

 

ソトメシなら釣果で豪快にキャンプ場やその場で捌いて食べるところですが、今回は、クーラーボックスに入れてお持ち帰り。

 

自宅にて、お刺身とあら汁にしていただきました。

 ※赤いのはマグロ。これは買ってきたもの。

キジハタは茶色のストライプにオレンジの斑点模様なんです。たぬたぬもうしさんもキジハタを知らなくて、最初に釣った時、うしさんは病気の魚でも釣りあげたんじゃないかって、たぬたぬを笑っていたんですよ。フンッ。

 

関西ではアコウと呼ばれていて、高級魚だそうです。上品な白身で美味しくいただきました。

 

余談>新潟って笹団子が特産なの?

 フェリー乗り場近くの道の駅で猛烈に美味しそうな、しかも大量の笹団子が売ってました。

 

今度こそ鯛つりたいーい(ダシャレ?)。

 

-END-

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • White Instagram Icon
  • Facebook Clean

© 2016 by  Proudly created with studio AK