マキコンデビュー

November 20, 2016

今回、新たに導入したマキコン(薪コンロ)のお披露目を兼ねて、晩秋のJPAにてソトメシ活動。

前日のザーザー降りの雨は、朝には上がり、すがすがしい程に。

 

 

 

日差しもあり、太陽を背に受けて、暖かい。

 

 

今日は、新調した斧で、まずは薪割り。

 

 

そうこうしているうちに、当日入りのOくん(この日をもって大人のソトメシ倶楽部の正式メンバーになった)をJPAの最寄駅までお迎えに行く時間になったので、現場を仕込み中のたぬたぬさんに任せて、

一旦山を降りる。

 

Oくんと合流し、再びJPAへ。

 

早速、マキコンを組み立て、今日はこれで調理をすることに。 このマキコン、ロケットストーブになっており少ない燃料で効率的に調理や暖がとれるという優れもの。

 

 

そして、今日のメニューはというと、メイン食材は、魚です。鍋に材料を全部入れて煮るだけの超簡単な

「アクアパッツア」です。気温が高い夏場はアシが早いので魚は嫌煙しがちですが、この時期なら、安心して調理ができます。

 

JPAから車で15分のところにリオンドールがあるので、大概食材はそこで調達。

 

マキコンの煙突部分に鍋を置き、煮ること約15分。

 

あさりやら、トマトやらいろいろ入ってあまり見えないですが、使ったお魚は、11月頃から出始めるソイです。

近くのスーパーで御頭付きの白身魚はこれくらいだったのですが、アクアパッツアにはもってこいだったみたいで、御出汁がうまーい!

 

 取り分けてみると、ソイ(黒ソイだと思われます)の姿がドドーン!

ワタはお店で処理してくれていたのですが、血合いが少し残っていたので、キレイにとって、

軽く塩をしておきます。さすがに水が貴重なキャンプでは、ワタを取るなどの下処理だけは、事前に済ませておくことをおススメします。(お店でお願いするなり、自宅でするなり)

 

さらに、秋の香りをまだまだ堪能したいこの時期、お次は、ポルチーニのリゾット!

 

     

 

さすがに生のポルチーニは手に入りませんが、乾燥ポルチーニの戻し汁でお米を炊き、これにパルメザンチーズを加え、ちょっとキツメにブラックペッパーを振って、いただきます。

 

 

この他、溶岩プレートでラムチョップと、今日はイタリア~ン♪なソトメシでした。

 

お食事も終盤になる頃、霧雨が降ってきたので、急いで荷物をまとめて、山小屋でまったり。

次回は、12月かな?是非、冬の星空キャンプやりたいですね。では!

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • White Instagram Icon
  • Facebook Clean

© 2016 by  Proudly created with studio AK