夏の本格キャンプ

July 16, 2016

 

海の日を境に、本格的な夏のキャンプシーズン到来です。

猪苗代湖畔にはフリーサイトが多数あります。夏は水辺がとても気持ちいいですね。

 

猪苗代湖は古くから人気のあるキャンプサイトです。

 

ここで3泊~4泊のキャンプをほぼ毎年強行している東京在住の友人、E君からの誘いで、我々も参加することに。早く着いたせいか、まだ人もまばら。

 

 

 

 

今回は、いろいろやるので(何を?)このカートで荷物を気に入ったポジションまで運びます。

積載100gkまでなんですが、正直に言って、100kg積んだら重いです。多分。

この量で何キロあるかわかりませんが、操縦がやや難しいです。

 

まぁ、とにかく、湖畔が良く見えて、なおかつ木の下で、程よく日差しも遮られる場所を確保。

 

まずは、タープを張ります。

 

そして、今回は当然ですが、テント泊なので、タープとほぼ連結するような形で、テントを張ります。

アリさんが時々登ってくるので、コットを中に敷きますが、たぬたぬさんはコットはいらないといって、グランドシートの上に防災用のシート(たぬたぬさんの私物)を敷きました。どうやら、「寝返りを自由に打てる方がいい」とか、「地ベタの方が安定感があるとかなんとか」で、強硬に貫かれました。もう一つコットを組み立てる必要がなくなったので良いのですが・・・。

 

 

そして、今回は、2つ大きな木にハンモックを掛けて、ゆらゆら揺れながら湖畔の風を感じる。

うーん、いいですね。

 

今回は、主催のE君の呼びかけで、5家族、総勢15名での大キャンプ。

(小学生のボーイズ5人、高校生のお姉ちゃんが1人、大人9人)

 

 

このハンモックが大人気で代わる代わるみんなが乗りに来る。

 

ユラユラがみんな好きなんだねー。(でも、画像がない)

 

5家族のうち2家族が飯を作り、夕食は持ち寄ってパーティ。

 

そして、ほぼ昼から飲んでいる父ちゃんズはもう、夜にはネムネムです。

湖水浴をしてめいいっぱい遊んだ小学生ボーイズもクタクタです。おなかも一杯になり、もうお休みなさい~。

 

そして、翌日の朝です。

 

昨晩は風が強く、1家族のテントが夜中にFly awayするといったハプニングに見舞われましたが、

何とか、復旧して、ブランチタイムに。

 

我々は、やはり大人のソトメシ倶楽部としては、なんかトピックになりそうなコンテンツを入れたい。

 

ということで、今回はたぬたぬさんがいつぞやの引出物でいただいたワッフルメーカーを使いたいというので、朝はワッフルモーニングプレートにしました。 

 

 

 実は、キャンプの資材調達に最近ハマった、PLANT5に前日出向き、ほぼ同じ敷地内になる産直に立ち寄り、安達産の桃やら何やら季節のフルーツを調達。(もちろん、バナナとかキウイは違います。)

緑が鮮やかなリーフは大玉村の農家さんのサニーレタスです。

 

そして、Cafeメニューらしく仕上げるには、やっぱりホイップしたクリーム

 

。これはスプレー缶タイプで売っているので、シュッとワンプッシュすれば、ご覧の通り。ここにフローズンの

ブルーベリーをのせて、ソースに見立ます。もうこれはたぬたぬさんの好みとしかいいようがないメニューですが。

 

これをE君ファミリーにサーブ。とりわけ、高校生のお姉ちゃんには大好評。(だよね)

 

 

 

ということで、今回のソトメシ活動も、大成功ということですかね。

 

最後のフォトは、そのPLANT5(安達太良地区)から猪苗代に抜けるルートです。

 

鹿、出るんですね。では!

 

 

 

 

 

   

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • White Instagram Icon
  • Facebook Clean

© 2016 by  Proudly created with studio AK