​作った人 Mr.J

こんなところ

 福島県の東部、阿武隈高地のほぼ中央に位置するこの付近は、

自然に溢れています。

 

 山小屋のある場所は、地元では「とうのす」と呼んでいます。

「とうのすの山」といえば、地元の人なら誰でわかります。

しかし、これは「鴻巣」が訛った言い方のようで、その名の通り、

初夏には、鶯やカッコウ、キツツキなどの小鳥のさえずりが

絶え間なく聞こえます。

 山小屋(山上サイト)からは大滝根山はのみならず、高柴山、

移ケ岳など周辺の山々よく見えます。標高約470mのため、

夏は涼しく、高原の爽やかな風がなんとも心地良いです。

また空が近く、満点の星空はどんな人の心も癒してくれます。

 周辺には、「あぶくま洞」や「入水鍾乳洞」、ツツジで有名な

「高柴山」、カブトムシを育てている「ムシムシランド」や「殿上牧場」

などがあり、子どもも大人も自然を満喫できる最高の場所です。

 JPAとは、J's Park Abukumaの略で、たぬたぬさんの父であるMr.Jが私有地に作った小さな山小屋&多目的サイトです。約20年前に磐越道にアクセスする道路が作られ、山裾が分断されるかたちになりました。

 そこで、会社勤め(兼業農家でしたが)の傍ら、中古のショベルカーを購入し、自ら整地し、山から水を引き、水道にトイレも全部手作り。整地する中で出た山の木を製材してもらい、その材木で山小屋を作りました。周囲には、芝やアジサイ、ブルーベリーなどを植え、四季折々の山の表情をさらに豊かにし、多くの方に楽しんでいただけるよう、工夫を重ねて来ました。

 

 ビザ窯も手作りし、一応、ビザも焼くことが出来ます。(←ただし、これは改良の余地が多分にアリですが・・・)

 

 作り手の想い溢れるJPAに是非、足を運んでみてください。

​JPAとは

《JPA周辺の情報》

《 近郊の観光地 》

​大人のソトメシ倶楽部のホームグラウンドであるJPA

阿武隈高地に麓にある小さな山小屋&多目的サイト。そこには、小さい頃から山で遊んだたくさんの想い出と、

古くからこの地域に生きてきた人々の暮らしがあります。今、この山をリノベーションし、人が集う場所にしたい。

そんな想いからはじまったJPAです。

  • White Instagram Icon
  • Facebook Clean

© 2016 by  Proudly created with studio AK